スタッフBLOG

CLOCKUP開発スタッフの赤裸々な話や、開発のポロリも!?

『饗宴の赤』マスターアップしました!

全身タイツ金全身タイツ金

2017年11月1日

『けがれた英雄』(2002年9月13日発売)からのCLOCKUP15周年であり

『凌辱学園長』(2007年10月26日発売)10周年の記念的FHDリマスター版の

『饗宴の赤』がついにマスターアップいたしました!

 

タイトルが変更になった理由ですが…

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、07年ごろにあったとある事件から

自主規制の一部が変更されまして、「凌辱(陵辱)」、「奴隷」などを

タイトルやパッケージに使わないようにしようということになり、

ガチで該当してしまったので原題を使わないようにしました。

で、『饗宴の赤』というタイトルですが、もともとこの

「牝奴隷の肉便器で楽しまなくちゃっ!」っていうヒミツ倶楽部が

「饗宴の赤」って誰が言ったか知らないが言われてみれば確かに言ってる名前で

『学園長』の作中にもボンボン出てくるだけではなく、じつは、もともと制作側では

『饗宴の赤』ってタイトルにしようと思っていたんですが、

企画書の段階では『凌辱学園長(仮)』となっていたために

「そっちのほうがわかりやすいじゃん」という至極営業マターな理由で

そうなってしまったのと、将来的にそれが使えなくなってしまったのは、

なんらかの宇宙パワーが働いていたかどうかは神のみぞ知るカニの味噌汁。

ちなみにCLOCKUPでは、凌辱は「陵」ではなく「凌」を使うようにしています。

ささやかなこだわりです。

たまに「陵」が使われているときがありますが、うっかりです。

当時ロゴも試作してました…

 

『凌辱学園長』を持っているのにタイトルが違うので新作かと思って

うっかり購入しまっていったいどうなってるんだ!ということになってしまわぬように、

随所に「FHDリマスター版です」ってご案内はしておりますが、

うっかり購入しても絶対楽しめるので、『学園長』ユーザーの皆様も、

そうじゃない皆様もまじでお勧めです。

 

おすすめポイントでいいますと、「はましま薫夫」先生のメイン原画デビュー作で、

しかもシナリオは「浅生詠」先生です。

なんという『euphoria』状態!なので、『euphoria』が好きでしたら

きっと愉しんでいただけると思います。たぶん。

 

さらに最近、催眠とか調教とかキてるらしいですね!(個人の感想です)

「俺は人の心が読める」主人公が女の子の本心を読んで調教ってのが

しこたま入っておりますので、いやもうこれ今が旬って感じです!

調教好きの方はぜひ!

なお、「俺は人の気持ちが分かる」の場合は、

「えーなんかいい人風に聞こえるけどソレ自分で言っちゃう?」という

微妙な空気になります。(個人の感想です)

 

そんなワケで、気になっちゃった方は体験版も公開してますんで、

ぜひお試しください。

容量が700MB越えるという体験版のくせにぐぬぬなヤツですが、

それは結構楽しめるってことで発売までシコっとお楽しみください。

 

ちなみに製品版のほうは普通のDVD-ROMに収まらないで

はち切れてパンパンになってしまい、DVD2層です。

見た目は普通だけど中はすごいのよ!

 

そんなこんなで『饗宴の赤』祝マスターアップ!11月24日発売です!

 

あ、あと最近のホットジャーナルです。

プリーズ♡♡♡ミー Royal asset』(オリジナルアニメビデオ)が

10/27発売されました。

ちなみにこのタイトルも「例プ」はつかったらダメなのでゲームの方は

「レ♡プ」になりアニメビデオは「♡♡♡」なのです。

アニメの方は何をして欲しいのか妄想するしかないですね。

何を当てはめるかはキミ次第!

「レイプ」でしょ?って思ったキミ!けっけっけしからんっ!

 

正解です。

 

ちなみに、ゲームとアニメビデオでなんでタイトルの隠蔽率が違うかですが、

ヒントは審査の違いです。※答えてる。

そして、この3文字が伏せている理由も『学園長』のままでは

いられなくなってしまったことと原因が一緒という…。

大人って大変だね。

 

ということで年末に向けていろいろがんばっているCLOCKUPでございます。

もちろん『眠れぬ羊と孤独な狼』略して『羊狼』も、

瀧の様にドバドバ鋭意開発中でございます!

ご予約よろしくお願いいたします!

 

オナ射ス!

 

«  |